チャールズ2世の紋章が雄雄しいタペストリー

1661年から1685年までイギリス・スコットランド・アイルランドを統治していたチャールズ二世の紋章が描かれた作品です。 品格と力強さを兼ね備えた逸品です。 クラシック家具の愛好家の方や、男性にも喜んで頂けると思います。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ゴッホの名画 美しい色合いを是非タペストリーで

1890年フィンセント・ファン・ゴッホによって描かれた作品です。 ゴッホは、療養していたサンレミを出て、オーヴェールに移住。 ゴッホはこの土地を非常に気に入り、幾つもの作品をこの土地で残しいます。 この作品もそのひとつ。闇にくっきり浮き立つ教会が、少し奇妙でもあり美しくもある作品です。
ゴブラン織りで見事に再現した美しさは、絵画にはない重厚感に溢れています。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

地図の美しいタペストリー

この世界地図は1596年にフランダースの地図彫刻師 Jan Baptist Vrients よって作成されました。 四隅にはそれぞれ、ヨーロッパ、アジア、アフリカ、アメリカの大陸を象徴する動物が描かれています。 書斎などに掛けていただくと、とてもマッチする逸品だと思います。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

Sprig Blossom  東洋的・シノワズリテイストのタペストリー

ゴブラン織りには珍しく、東洋的な作品に仕上がっています。 ピンクの花と小鳥がとても可憐です。 シノワズリテイストですので西洋家具がお好きな方にも、和風のお宅や海外の方にも愛される逸品です。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

クラシックな寓話の絵柄が美しいタペストリー

クラシックな寓話のタペストリーです。
美しい草原の丘にアポロと女神たちが休息を取っているシーンが描かれています。
とても柔らかで高貴な色彩で、ロマンチックなデザインに仕上がっています。
主に、女性の方に喜んでいただける作品だと思います。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

獅子とユニコーンと貴婦人 中世で最も美しいタペストリー

オリジナルは15世紀末にフランダースルにて作成され、
現在はパリのクリュニュー美術館に飾られている、中世で最も美しいとされる作品です。
六枚の連作となるタペストリーの一部です。

絵の中央には深い青色のテントがあり、貴婦人は身に着けていたネックレスを外して、右にいる侍女が差し出した小箱にそのネックレスを納めています。
獅子とユニコーンは、両側で旗を捧げ持っています。

赤地に千花模様と小動物・鳥が舞い、愛らしさと気品を兼ね備えた作品に仕上がっております。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

クリムトの最も有名な作品をゴブラン織りで再現

1862年、オーストリア生まれの象徴主義であるグスタフ・クリムトによって絵が画れた作品です。
クリムト自身とその恋人のエミーリエ・フレーゲをモデルにしたとされていて、クリムトの作品の中でも一番有名な作品です。
女性特有の色っぽさとけだるさが合わさったような、独特の世界観が、ゴブラン織りで一層引き立っている作品です。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

背景まで美しく描かれた、果物と花のタペストリー

 手前に大きく配置された果物や花々が
背景の湖や森との対比が見事な作品です。
家に居ながら、窓辺にある美しい景色がそこに存在するように感じさせてくれます。
花の背景がここまで細かく描かれたものは、とても珍しいので、ありきたりな物では満足できない方にもお薦めいたします。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

伝統的でクラシカルな絵柄のタペストリー

オリジナルは、15世紀後半にフランダースで織られており、その色合いの美しさからとても有名な作品です。現在は、パリのクリュニュー博物館に展示されています。
背景の黒にちりばめられた千花模様と、ブドウの収穫を祝う人々の生き生きとした姿が素敵です。
タペストリーの伝統的な絵柄を好まれる方にお勧めいたします。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ゴブランタペストリーズ ルノアールの美しい壁飾り

原画は1866年・ルノアールの<スプリング・ブーケ>という作品です。
原画のタッチそのままに、可憐な花が咲き誇ります。
華やかで清涼感のある作品ですので、場所やインテリアを問わずに飾っていただけます。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ